セフレの作り方は?

i色気のある女性

 

セフレを作りたいを人は意外と多いと思います。たとえば、ただ単に性欲処理をしたい人から、彼女はいてもセックスが物足りない、奥さんや旦那がいても、毎日の生活が平凡で、刺激が欲しい。

 

またはお金があっても愛人がいないの愛人がほしい。などなど、セフレにたいする思いは千差万別ですけど、セフレがほしいという方は世の中には多いと思われます。

 

セフレ作るなんて難しいんじゃないの?って思っているあなた。たしかに、普通に生活していると当然セフレなどできません。とういかたとえば職場とか学校とかに女性がいない人はまず無理でしょう。

 

しかし、ちょっとした環境を変えてみたり、ツールを利用すれば思いのほかセフレを作ることができます。

 

セフレの作り方の具体的なポイントを7つご案内します。

 

@合コン

合コンでは誰でも思いつく出会いの場です。男も女も合コンがあるとなると気合入れていきいますよね。ここでは彼女彼氏候補を探すのが定番ですが、彼女まではいかないまでもセフレになった男女を何人も知っています。

 

もちろんセフレからカップル、カップルが分かれてダラダラをセフレ化しているなどというパターンもよくあります。

最近では草食化傾向の男子が多いので、こういう場にはあまりこないのかもしれませんが、現在でも出会いの場としてはメジャーなものであることには違いありません。

 

機会があれば積極的に参加したいツールと言えます。

 

合コンのセフレ作りのポイント

合コンでは、とりあえず盛り上げ役になることだけは避けましょう、そして、一番可愛い娘かっこいい男の取り合いになるパターンがほとんどです。

 

セフレを作るという目的だけなら、まずターゲットを一人だけに絞って、可能であれば二番目人気くらいの女性か男性に絞って口説きます。

 

口説くといっても好印象を与えて、連絡先が聞けるくらいの印象でかまいません。(一番人気の人にいっても問題ないのですが、あくまで確率が高い方法ということです。)

 

そして、LINEなどを交換してから食事にさそいましょう。可能であれば、食事する場所はホテルの近にしてください。

 

そこでうまく口説けそうでしたら、ホテルに行くように誘導してみましょう。※よく、合コン当日にお持ち帰りしようとする人がいますが、経験上これは確率がかなり低いので、かならずワンクッション連絡先を入れて後日一対一で合ってください。

 

 

Aキャバクラ

エロい女性

 

 

キャバクラというとお金を払ってギャル系の女性と楽しく会話をするというイメージです。

 

 

実際、お金を払って同伴している小金持ちのオッサンとかいますよね。

 

 

 

しかし、お金をかけて口説いてもしょうがないので、ここではポイントをお伝えします。

 

キャバクラでのセフレの作り方のポイント

実はキャバクラでセフレを作ることは、難しいです。なぜなら、相手は男を相手に金をもうけている、男女関係のかけひきのプロだからです。それでも上玉の女性が一極集中でいることは間違いないのでやってみる価値はあります。ポイントとしては何度かキャバクラに通って、お気に入りの娘を見つけます。

 

 

そしてとりあえず連絡先をゲットしてください。(ここまでは割りと簡単です。相手も営業なので簡単に教えてくれます。)それから、多分営業LINEなどがおもうのですが、そういうのはあまり対応せずに、店に行くときだけ、いつ行くぞといようなLINEだけを返してください。そして、営業メールが通用しない相手ということをわからせてから、食事などに誘い出します。

 

要は、なかなか、なびかない男をアピールするわけです。

 

キャバクラに来ている男たちはほとんどが、キャバ嬢にいいなり的なので、こういう戦略が必要です。ですのでちょっと難易度な高いのですが、やってみる価値は充分にあります。

 

 

Bクラブ

クラブにいる女性

 

クラブはもはや男女の出会いの場を貸していますね。ここは比較的難易度は高くないです。ただ、若い世代に限られているというか、チョイ悪オヤジ的な人ならいいのですが、普通の中年が行くとちょっと浮いてしまう場所です。

 

ですので、前提として、自分がクラブに行って違和感がない場合はかなりの高確率で女をゲットできます。

 

クラブでのセフレの作り方のポイント

まず大前提がクラブには一人で行かないで下さい。それだと露骨に女あさりをしているように思われて惹かれてしまいます。

 

可能であれば同じ目的をもった友人か知り合い(彼女やセフレを作りたい目的)と行ってください。二人で行くのが一番効果的です。それ以上の人数だと動きが撮りにくい場合が多々あります。

 

狙う相手は二人組みの女性がいいでしょう。二人組のターゲットというか担当をそれぞれ決めて、この娘に行くというのは事前に決めておいてください。

 

取り合いになりますので。クラブでは普通に「踊ろうよ」「四人で飲もうよ」と簡単に誘えます。ですので、ここからはトーク力が物を言います。

ですので、普通以上の容姿があって、普通にしゃべれる人なら比較的容易に連れ出したりすることができます。クラブの雰囲気がそういう雰囲気になっています。

 

逆にクラブの空気のなかで口説いて、うまくいかない女は絶対についてきません。それだけクラブでの雰囲気を利用した口説きは非常にお勧めです。くどい手からはセフレにするか彼女にするかはその時々で判断してください。

 

C風俗

風俗嬢

 

風俗は意外と穴場なセフレゲットスポットです。風俗はいきなり性行為に入ることができるので、お金を払えば好みの女性と簡単に肌をあわせられます。

 

その延長線上でセフレ化するわけですが、風俗嬢も普通の女性となんら変わりなく、感じのいい男であれば普通に食事もしたいし、セックスもしたいわけです。風俗はあくまで仕事で、風俗自体が好きでこの仕事をしている女性はほとんどいないと思ったほうがいいでしょう。

 

 

風俗でのセフレの作り方のポイント

風俗嬢と接するときは割りと、普通の女性と接す感じでOKです。まず、セフレにしたいと思ったら、風俗嬢にかぎらず雑に扱うのは論外ということを憶えておいてください。

 

要は対人間として接していくことが大事です。風俗嬢だからといって見下した態度などをとったら、女性はそういうものにものすごく敏感なので気をつけてください。

 

具体的には、普通に世間ばなしして、以後五知のいい男をアピールしてくだし。可能であれば、風俗の仕事の愚痴などを聞いてあげればグッドです。

 

そうすれば比較的容易に連絡先は教えてくれます。向こうも仕事なのでLINE程度でしたら聞くのは難しくありません。

 

この辺キャバ嬢といっしょなのですが、営業LINEなどがきても一切無視してください。

 

営業にのってしまったらセフレはおろか、食事に行くことも無理でしょう。ターゲットにしている風俗嬢に何度か入り三度目くらいで、食事に誘ってみるといいでしょう。

 

できれば、直接言うのがいいのですが、できなければLINEでもいいです。確率的には50%くらいですが、食事くらいなら意外と応じてくれる風俗嬢は多いです。

 

その食事などなもちろんホテルの近くで食事してください。全部に共通することなのですが、一番いいのは、ホテルのラウンジにあるバーとかレストランですね。そのままホテルになだれ込めますので。意外とおろそかにされガチなのですが、ホテルが近いというのはものすごく行動がしやすくなるので、忘れないようにしてください。

 

 

D習い事・サークル

ヤラシイ女性

 

よくある彼女の作り方などの定番なのが、習い事やサークルでの知り合いです。

 

習い事サークルなどは、もともとの目的が恋愛や出会いではないので、即効性はないのですが、時間をかけてでもセフレを作りたいという人にはやってみる価値は充分にあるカテゴリーです。

 

習い事・サークルでのセフレの作り方

習い事・サークルでは当たり前ですが、女性の多い場所を選択します。あとかつ自分がやってみたいジャンルがいいですね。そうでないと長続きしません。

 

鉄板は料理教室とか、ヨガとかですが、意外と合気道とか、ダンスなども女性が多いです。正直時間はかかります。なぜなら、先ほども行ったのですが、目的が男女関係を作ることが目的ではないからです。

 

セフレと言う観点でなく、彼女を作る観点で行動したほうが、習い事などでは上手くいきます。まず狙いを定めるというより、必ずみんなで飲みに行ったりする機会があるので、その機会に連絡先を聞きます。

 

普段の習い事でのときに聞いてもいいのですが、管理人の経験上聞けるタイミングがほとんどありませんでした。ですので、飲み会で聞くのが一番確率が高いと思います。

 

そしてLINEでコミュニケーションしてから食事などに誘います。とはいえ、食事に誘って断られてしまった場合、その習い事・サークルで気まずくはなります。そういったリスクは付きまとうので、よほどのいい女でないとメリットがないというのも実情であります。

 

 

Eストリートナンパ

ナンパした女

 

ストリートナンパはセフレを作ることには最短の時間と効率を上げることができます。出会ってから一時間後にホテルに連れ込むことも可能です。

 

しかし、一般の人がやるとなるとなかなかハードルが高くメンタルがある程度強い人でないとザ挫折する可能性もあります。

 

ストリートナンパでのセフレの作り方

ストリートナンパをして女性を引っ掛けること自体がセフレを作るということと同じ行動と言えます。もちろんナンパから彼女になる場合も多いですが、最初はたいていセフレみたいな関係になります。ですので、ストリートナンパができる、成功すること自体がセフレの増産に繋がります。管理人はナンパを主に主戦場としているので、このことは断言できます。

 

ナンパが普通にできる人はセフレ作りに関しては他のことはやらないでしょう。今ここを見ているるあなたはストリートナンパはしたことは無いと思うので、もしヤル気があるのであれば本当にポイントだけを言いますので、実行してみてください。

 

まず女性に慣れる

これは女性にいきなり声をかけるというのは、けっこうハードルが高いのでいきなりできる人はあまりいないでしょう。まず街に出て、普通に女性に道を聞いてみてください。新宿でしたら、どこどこの飲み屋はどこにありますか?(できるだけ目cジャーなところがいいです。)でいいので、道を何度も聞いてください。そうすると女性に声をけるのがだんだんなれきます。

 

LINEを聞いてみる

道を聞いていると、たまにノリのいい娘もいて、実際の場所まで案内してくれる人もいます。そのときに、今度お礼をしたいとかなんとか理由をつけてLINEを聞いてみましょう。まあ道ききなので、ちょっと無理もありますが、初心者はこれが一番手っ取り早いです。

 

LINEをあたためてから食事に誘ってみよう

もしLINEを聞けたら、まず日常の会話などから初めて、ちょっと親密になったかな?ってくらいで食事に誘いましょう。LINEをはじめていきなり誘うのはNGです。女性というのは意外と警戒心が強い生き物なので、いきなり食事に誘っても相当なレベルの高い男なら別ですが、なかなか誘いにはのってきません。ちょっとLINEでの会話があったまってから誘いましょう

 

ストリートナンパの入りはこのくらいでいいと思います。ナンパができる人は一番手っ取り早くセフレ量産が可能なのでやってみる価値は充分にありますよ。

 

 

Fネットナンパ

 

ネットナンパは出会いSNSを利用して、ネット上での出会いを狙っていくことです。

 

ネットが普及してから出会いの市場はネットに主戦場を置くようになってきました。

 

セフレを単純に探すなら、効率的であり費用も一番安く押さえることができます。

 

ネットナンパでのセフレの作り方

ネットナンパはストリートナンパ同様で、出会い=セフレという図式が成り立つ数少ないツールになります。ストリートナンパと違うのは、まず最初のコミュニケーションがネットつまりスマホやPCを使った手段となることです。

 

ネットナンパは出会いSNSを利用するのが通常であり、多くの出会いを求めた男女が行きかいしています。まずネットナンパで出会いを求めるなら、スマホを用意して、出会いSNSに登録することから始めます。

 

写真をのせる

そのSNSでなるべく格好のいい写真を載せてプロフィールを充実させます。ここで写真を乗せないと、女性の反応率が非常に悪くなるので、奇跡の一枚でもいいので写真をのせることをお勧めします。

 

プロフィールを充実させる

そして、プロフィールをできるだけ詳細に書きこんでいきます。プロフィールの充実は、女性の目に止まる確率に直結するので、ここは手を抜かないで下さい。

 

できるだけたくさんの女性にアクセスする

ココができる人が意外と少ないのですが、10人くらいの女性にアクセスしたらもうあきらめた、ではダメです。

 

100人1000人とセフレがいる人はここを数を売っています。数うちゃあたるというのは非効率のほうに見えますが、この女性へのアクセスができない人は出会いSNSで結果は出せません。

 

なるべく早くLINEか個別メールに移行する

女性にアクセスして、3〜4回くらい出会いSNS内で会話の往復をしたら、LINEのIDかメールアドレスを聞いてみましょう。それで教えてくれない場合はそこで切ります。

 

それ以上サイト内でダラダラと会話してもその女性を合える可能性は非常に少ないですし、極端な場合サクラの可能性もあります。ですので、

 

早期に個別のやりとりに移行し、それからは会話を暖めて食事などに誘うことに注力しましょう。

 

 

各方法の難易度

管理人は上記の7つの出会いは一通りやりました。難易度的には難易度の高い順から並べてみます。(あくまでも彼女ではなくセフレを探すと言う観点です。)

 

習い事・サークル>合コン>キャバクラ>風俗>ストリートナンパ>クラブ>ネットナンパ

 

理由としては、習い事、合コンなどは他の人間のしがらみがあったり時間がかかったりします。キャバクラ、風俗はお金がかかりますね。ストリートナンパとクラブ、ネットナンパはやることは一緒なんですが、ストリートナンパはできる人とできない人の差が激しく、クラブも同様です。ネットナンパは一番ハードルが低く、セフレを得ることができるツールとしては一番、費用対効果が高いです。

 

 

難易度の低いネットナンパのお勧め

セフレを作りたいならネットナンパをお勧めします。ただ、ネットナンパでもデメリットはあります。

 

こんな人にはお勧めできません。

 

・出会いSNSでメールのやりとりがメンドウくさい。

 

・セックスだけがしたい。女性とやりとりするのはメンドウくさい

→風俗をお勧めします。

 

・彼女・妻の管理が激しくてスマホなどを見られる可能性がある。

→修羅場になるのでやめたほうがいいです

 

 

出会いSNSをやってみたいという人だけ見て下さい。

 

↓ ↓ ↓

 

 

出会いSNSの中から

 

評価が高く、口コミもいい出会いSNSを

 

厳選してランキングにしました。

 

セフレを効率的につくっていく為のツールとして最適な出会いSNS
 

PCMAXの特徴

管理人がセフレができたサイトです。

サイトの構成がわかりやすく、初心者でも簡単に使うことができます。

10年以上の老舗サイトで、都市など行くと看板やデモカーで広告を多数みかけます。

そのため、会員数も多く、特に女性の会員数を広告によって集めサイトの充実をはかっています。

管理人には思い入れが強いサイトなので、もしどれかをお奨めするならPCMAXをお奨めします。


評価 評価5
備考 セフレができる出会い系 管理人がセフレができたサイトです
 

 

 

ハッピーメールの特徴

女性が使いやすいサイト構成になっており、女性登録数単体では最多数となっています。


大学の前や都市部での広告、女性誌での広告を積極的に打っており、女性ユーザーに獲得に力を入れています。


比較的、マジメな空気のある出会いSNSです。落ち着いて利用できることがメリットとなります。



評価 評価4
備考 使いやすさに定評のある初心者にやさしいサイト
 

 

 

ワクワクメールの特徴

ワクワクメールは登録者数が日本で一番多く知名度も高い出会いSNSです。

セフレを探すツールとして最もお勧めのものとなります。同じ趣味や、同じ嗜好を共有する異性を探すことができるシステムが豊富につまっています。

女性と会うという意味では、時間的にも料金的にも圧倒的に効率をはかれます。安全なシステムとセキュリティで万全の体制でサイトを利用することが出来ます。


評価 評価4
備考 登録者数日本一 出会い系では一番メジャーなサイト
 

 

 

おススメサイト→スッキリフルーツ青汁 お試し彼女できないSEO対策、★被リンク
スパイカメラ/医薬品添付文書の基礎知識/●リンク/エクストリームカード/←おススメ